超高齢化社会

超高齢化社会

いま、日本は超高齢化社会に向かっていることは周知の事実です。そして、人は必ず死を迎える存在です。

有史以来、人類は死を厳粛なものとして扱い、死を迎えた人を、残された者が弔います。なぜでしょうか?

それは死というものは、生まれたときに決定された避けられない現象であり、その人と社会にとって最重要な出来事だからでしょう。

私たちは元気なうちに、自分の死の準備を考えることが必要です。

”メメント・モリ(Memento mori)”「自分がいつか必ず死ぬことを忘れるな」。古今東西のあらゆる哲学、宗教が示唆しているように、死を見つめることこそが、今をよりよく生きるためにも非常に有用な事なのです。

死という最大のイベントは、家族と宗教によって支えられてきました。いまその状況が変わりつつある今、葬儀という行為に着目してみたいと思います。あなたは自分の葬儀を準備し、社会的動物である人間として、また一個人として死を見つめ、迎えることができるでしょうか?

個人主義、無宗教国家になりつつある日本で超高齢化社会を迎えるにあたって、私たちはなにを考え、行えば良いのでしょうか。

広まる「ペットのための葬儀」

  年々ペットを飼う人の人口は増加しており、少子化が進む日本では、ついに15歳未満の子供の数よりもペットの頭数が多いという調査結果が出ています。
ペットのためのサービスや施設は多様化しておりますが、ここではペットの葬儀についてご紹介したいと思います。
いまや、ペットも葬儀を上げる時代が到来したのです。
もちろん、以前からペットを「火葬」するということはありました。
しかし、きちんとしたペット葬儀業者が登場し、今やペットのメモリアルグッズも充実してきています。
骨壺などはもちろん、ペット用の霊園・墓地も各地に増えてきており、ペットの位置づけが人にどんどん近づいてきているのです。
ペットの葬儀についてはこちらの市原市でペット葬儀を行っている上総動物霊園さんのサイトがとても参考になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
超高齢化社会葬儀の準備ー高齢化社会に向けて


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Switch to our mobile site